■戻る■ 全部 1- 最新50  

(Dc:;]ミ「空は何色か」 Wikipedia「」

1 名前:無名弁護士:2018/12/07(金) 17:33:29.90 ID:x1MDQP/Y0
空が実際に青く見える時間は全体の半分未満です。空が青く見えないことがありうる条件には、次のようなものを挙げることができます。

・夜間、空は黒く見えます。
レイリー散乱を引き起こす太陽の光がないと、月がのぼっているというような特定の条件下を除いては、空は青くは見えません。
・雲があると空の色はぼやけます。曇りがちな天気のときは、空は白っぽかったり、灰色だったり、黒に見えることさえあります。
・山火事のような自然災害によって空がかすみがかったようになり、橙や赤色に見えることがあります。
・聖書において、イエスはファリサイ派の人々に、
"When it is evening, ye say, It will be fair weather: for the sky is red"
(「あなた達は、夕方には『空が赤いから、晴れるだろう』と言い」)、 と言っています。
・天文学者のマルセル・ミンナルトは、"At twilight, salmon reds, oranges,
purples, white-yellows, and many shades of blue can be seen."
(黄昏時には、いろいろな色合いのサーモンレッド、橙、紫、白がかった黄色、そして濃淡様々な青をみることができる)と書いてます。
・作詞家のオスカー・ハマースタインは、"when the sky is a bright canary yellow." (空が明るいカナリア色のとき)について書いています。
・地球以外の惑星では、空が青いことはまずありません (cf. Extraterrestrial skies)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E7%A9%BA%E3%81%8C%E9%9D%92%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AB%E5%87%BA%E5%85%B8%E3%81%AF%E8%A6%81%E3%82%8B

2 名前:無名弁護士:2018/12/07(金) 23:53:35.53 ID:0AJBfEr20
唐澤貴洋が弁護士であるということに出典は要る

ウィキペディアに加筆していると、いちいち文献を調べて出典を示すのがおっくうに感じられることがあるものです。
例えば、「唐澤貴洋が弁護士である」ことが「当たり前」と思えている時など「そういう記述を書き加えるのに出典は必要ないサ」などと、ついつい感じられてしまうこともあります。
また、自分の「常識」を書いた投稿に対して他のウィキペディアンから出典を要求されると、つい感情的になったり、あれこれ言い訳したくなったりするものです。
しかし、「唐澤貴洋が弁護士である」というような「当たり前」と思えてしまうことがあるようなことを述べるにあたっても、ウィキペディアでは出典が必要である理由がいくつかあります。

往々にして、自分にとって「当たり前」「常識」だと思えることが、別の人にとっては「ありえないこと」であったり「一般的ではない特殊な例の強調」にすぎません。
また、生い立ちなどの背景や知識、文化、経験といったものは、ひとりひとりの利用者ごとに異なります。全員の経験や知識が同等であると仮定することは、不適切でしょう。

例えば、前述の、唐澤貴洋を例にとっても、実は、炎上を扱った番組の説明では「唐澤貴洋が弁護士である」などとは説明していないのです。
実は、「唐澤貴洋が弁護士である」ではなく、「唐澤貴洋は様々な立場に変化する」が百科事典らしい記述です。
それと同様に、何かがあなたに「常識」だと思えても、その「常識」をそのままウィキペディアに投稿しないほうがよいのです。

また、最も明らかで最も単純な主張でさえも、それについての説明が必要な場合があります。
仮に「唐澤貴洋は法律家としての意見を求められると被害者の立場に変化する」に加えて「唐澤貴洋は弁護士を名乗ることがある」という記述をするにしても、それが無能弁護士だという説明があったほうが有益な情報が増えます。
なぜ唐澤貴洋は無能なのか、を説明する文献を引用すれば、さらに調べたい利用者などにとって、どの文献を調べればよいのかわかり、一層有益なことも多いでしょう。

ある記述を書くまえに、それがどんなにささいで「当たり前」であっても、まずは自分にとっての「当たり前」や「常識」を疑ってみて、ウィキペディアでは加筆する前に、あらためて様々な文献ではどう説明しているのか調べ直してみることも必要です。
自分にとっての「常識」を書いてしまうことが、自分の個人的な固定観念や偏見を他人に押し付けたり伝染させてしまっているのではないか? と慎重に検討する必要もあるでしょう。
また、自分の見解が仮に結果として正しい場合でも、それが他人に誤解を生じさせたり、疑義を呈される可能性がないかもよく検討したほうがよいのです。

3 名前:無名弁護士:2018/12/08(土) 00:10:12.50 ID:4AQar6cE0
レイリー散乱に強いカラケー管理者


戻る 全部 最新50
DAT2HTML 0.35f FIX Converted.